2010年03月31日

<金沢死体遺棄>スーツケースは22日以降に廃棄か(毎日新聞)

 金沢市二俣町の県道脇の斜面で29日に頭部のない女性の遺体が入ったスーツケースが見つかった死体遺棄事件で、22日には現場にスーツケースがなかったことが、石川県警金沢中署捜査本部の調べで分かった。遺体は死後数週間経過しており、別の場所で首を切断され、時間を置いて遺棄された可能性が高いとみている。捜査本部は30日午前、現場周辺の山中の捜索を始めた。

 スーツケースについて発見者の建築会社員(44)は「22日は同僚と4人で現場近くで作業したが、誰も気付かなかった。26日に再び同じ場所に行って初めて気付き、引き上げようとしたが重くて手から滑り落ちた」と話している。【宮嶋梓帆】

【関連ニュース】
死体遺棄:スーツケースから頭部のない女性遺体 金沢
茨城18歳死亡:死体遺棄容疑で新たに2人逮捕
茨城遺棄:遺体の身元判明 油で焼かれ切断
茨城死体遺棄:容疑の男3人を逮捕 交際巡りトラブル
死体遺棄:工事現場に男性埋めた疑い、20歳男逮捕 茨城

10年度予算が成立=過去最大92兆円−税制改正も、たばこ10月値上げ(時事通信)
裁判長「誠に申し訳ない」、菅家さんに謝罪(読売新聞)
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕(産経新聞)
後発品情報を提供する新システムの運用、4月から開始(医療介護CBニュース)
「和解勧告受け入れ、協議開始を」―全国B型肝炎訴訟原告団・弁護団(医療介護CBニュース)
posted by 内海のノーブル at 18:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。