2010年01月29日

平均保険料9.34%に引き上げ=都道府県別料率を了承−協会けんぽ(時事通信)

 全国健康保険協会は27日、中小企業のサラリーマンが加入する全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の2010年度の都道府県別保険料率を了承した。全国平均では現行の8.2%(労使折半)から9.34%への引き上げとなり、平均的な年収(約370万円)の場合、本人負担は年間約2万1000円増える。
 全国一律だった協会けんぽの保険料率は、09年10月納付分から地域の医療費を反映させて都道府県ごとに設定されることになった。ただ、地域間格差を和らげるため、当面は激変緩和措置が講じられている。
 保険料率が最も高いのは北海道の9.42%。逆に最も低いのは長野の9.26%。格差は現行の0.11%から0.16%に拡大する。金額ベースでは年間約3000円の差が付く。 

菅家さんの録音テープ、報道陣への配布見送り(読売新聞)
【郵便不正事件】検察側冒頭陳述要旨(産経新聞)
「マイルドセブン」にココア! タバコに含まれる驚きの「食品」(J-CASTニュース)
兵庫・武庫川ダム“断念”へ 河川整備計画原案に盛り込まず(産経新聞)
「半落ち」容疑者vs捜査員、供述の信憑性は…“本丸”へ詰めの捜査 松戸女子大生殺害 (産経新聞)
posted by 内海のノーブル at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。