2010年06月01日

「テレビにとって緊張すべき状況」 iPad発売で民放連会長(産経新聞)

 iPadが28日に発売されることについて、日本民間放送連盟の広瀬道貞会長(テレビ朝日顧問)は27日、定例の記者会見で「われわれにとってみれば緊張すべき状況を迎えた。テレビはこれまで広告を集める点で優位を保ってきたが、メディア間の競争が急激に熱を帯びる中、テレビの優位を失わないようにしたい」と話した。

 国は来年7月までにテレビの地上デジタル放送完全移行を目指しているが、「これからデジタル化を図ろうとすれば10年はかかり、iPadのような新しいデバイスには太刀打ちできなかった。幸いに来年完成するのは心強い」と言葉をつないだ。

【関連記事】
銀座にiPad待ちの列 行列実況ツイッターに孫社長「応援してるよ」
品薄のiPad、予約なしの当日販売決定
iPad商戦 回線売り込み ドコモなど相次ぎ新サービス
iPadユーザーの9割が満足、一番の不満点は「Flash非対応」 米調査
アップル“独裁”加速 量販店は服従、ソフトは抵抗も

初の医師不足実態調査の内容が判明―厚労省(医療介護CBニュース)
ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき(産経新聞)
巡査部長ら手続きせず盗難車スクラップ 金銭授受は否定(産経新聞)
縄文初期の最古級土偶、竪穴住居跡出土 滋賀・相谷熊原遺跡(産経新聞)
需要不足、なお年25兆円=デフレ環境続く―1〜3月期(時事通信)
posted by 内海のノーブル at 22:58| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。