2010年03月10日

ミス福分け娘「亀戸大根どうぞ」(産経新聞)

 伝統野菜を残そうと、江東区亀戸の香取神社で7日、「亀戸大根収穫祭」が行われ、約500本が無料で配布された。

 亀戸大根は江戸末期、同神社周辺で栽培が始まったとされ、長さ約30センチ、太さ約5センチ。強い辛みが特徴で浅漬け用に人気を集めた。宅地化が進んだ大正末期ごろから地元で姿を消し、現在は葛飾区の農家が栽培。地元では商店主らが結成した「かめの会」(福地憲一代表)が提唱し、小・中学校で栽培を続けている。

 この日は、地元の小学生らが栽培した亀戸大根数十本を同神社に奉納、収穫を祝った。境内では「福分けまつり」が開かれ、巫女(みこ)姿の都立江東商高の女子生徒3人がミス福分け娘として登場、「福分け〜、福分け〜」の掛け声で金色の小づちを振り、用意した亀戸大根を配布。亀戸大根を使ったみそ汁などが振る舞われた。

【関連記事】
09年ミスユニバース日本代表が美と健康の講演会
野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者
“ぶっかけるラー油”桃屋の牙城にエスビー挑む
Qちゃん、農業にチャレンジ! 「食の大切さ、発信したい」 
カラフル野菜でヒット狙う 「新しい彩りで食卓をより楽しく」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)
補償交渉、10年で終了=5人死亡、64人重軽傷−日比谷線脱線事故(時事通信)
<奈良5歳児餓死>逮捕の母親 夫から日常的に暴力(毎日新聞)
神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か−兵庫県警(時事通信)
<交番で爆発>天然ガス、排水管伝い充満か 千葉・大多喜町(毎日新聞)
posted by 内海のノーブル at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。